いらっしゃいませ

自己の創作個体追及をはじめGUPPYを楽しみたい方・・
適切なネタの提供をさせていただきます。

今日の彩美庵・・・

今日の彩美庵・・・ 如月の18

今日の彩美庵・・・ 如月の18
おかげさまで腰の具合も良い方向に進んで居る様で、昨日位から彩美庵でも立って餌を与えられるようになりました。
もちろん、今も椅子に座ってパソが触れるようになり、普通に戻りつつあります。

今日は彩美庵で「補助ネタ」の整理をしました。

みなさんには聴きなれない言葉でしょうが、この「補助ネタ」・・・

1番ではなく、2番ネタの事で、彩美庵では一番下の段の大きめな飼育水槽に保持してお在ります。
1番がダメな時には2番を使う・・・

こんな感じですが、今までこの2番は使った記憶がないくらいで、溜まる一方でありました。

対象になった品種としましては、アイヴォリーサドルモザイク、アンモライトモザイク、黒眼のフルレッドスワロー・・等々でした。

特にアンモライトモザイクは来た当時から、オス個体、メス個体ともにモザイクと呼ぶにはオコガマしいくらいの柄の無いソリッドに近い色合いの尾鰭で、『これでは・・・』と想って居た通りの結果になってしまって居りました。
特にメス個体は色合いどころか、日本産??と想う様なハーフムーンに近い尾型をしており、今回柄を含めてやり直す、創り直しのために、同胎のメス個体は全て処分して、私の持つモザイクのメスに総入れ替え!

しかし、退職に傾く方が触りやすい・・・柄を入れる方向へは改良しやすく、グラモよりよっぽどマシ!と想い掬って居りました。

+グラスのメスを1尾入れました。

何故、グラスのメスを・・・って・・・
その答えは
また、いずれかに・・・

サドルも今までは放置状態に近い状態で累代して居り。Xサドルまで進んではいたのですが、このままではしっかりとした安定した尾型が得られないために、自分系のモザイクメスに入れ替えをして、しっかりとした柄、尾型、特に尾先までファンbテールのしっかりとした型になるような組み合わせをしました。

今までのザッキョボウ的な飼育水槽も綺麗になり、何より私の気分もスッキリと・・・
これでなければね・・・